大使からのメッセ

ご訪問者の皆様へ

駐日アゼルバイジャン共和国大使館のウェブサイトにようこそ。

このウェブサイトは、アゼルバイジャン共和国に関する基本情報、同国の歴史、文化、伝統、政治情勢、社会情勢、経済情勢、ならびに当大使館の活動内容についてお伝えすることを目的として開設されています。また、このウェブサイトを通して、アゼルバイジャン共和国と日本国の両国関係について知ることもできます。

多様な文化と文明が交わり合う古代シルクロードの要衝として発展してきたアゼルバイジャンでは、古くから多様性に彩られた共生社会が育まれてきました。コーカサス山脈の山々の頂や奥深い峡谷からランカランの亜熱帯森林、果てはカスピ海の沿岸部に至るまで、アゼルバイジャンの自然が持つ独自の多様性は、偉大な詩人、ニザミ・ガンジャヴィ(Nizami Ganjavi)や、神秘的な音楽、「ムガム」の達人たちが残した遺産を継承する現代の詩人や音楽家たちの創作意欲を今でも刺激し続けています。

1918年5月28日、アゼルバイジャンは、イスラム世界において初めて議会を持つ共和国として誕生しました。自由な比例代表制と普遍代表制に基づいた、多民族による多数政党議会がアゼルバイジャン民主共和国(ADR)によって確立されたのでした。欧州の多くの国々に先立ち、この国では女性にも投票権が与えられました。また、バクー国立大学も設立されました。しかし残念なことに、アゼルバイジャンが独立国家として存在し得た期間は短く、1920年にはソビエト連邦に組み込まれ、その後、70年間にわたり同国の一部を形成することになります。アゼルバイジャンが再び独立国家となったのは、1991年のことです。

アゼルバイジャンには戦争で国土が荒廃し、不安定な国内情勢を抱えていた時代もありましたが、現在では世界でも有数の目覚ましい発展を遂げる一国家として生まれ変わることに成功しています。

政治と経済の情勢が安定化することで、わが国は積極的な外交を展開することができるようになりました。わが国はますます積極的に外交政策を展開することで、世界の数多くの国々と友好的で、実り多い関係性を育んでいます。

炭化水素をはじめとする多彩な資源を豊富に保有しているアゼルバイジャン共和国は、世界のエネルギー政策の取り決めにおいて重要な役割を果たし、世界のエネルギー安全保障に大きく貢献しています。

この機会を借りまして、アゼルバイジャンと日本の二国間関係の発展に寄与していただいたすべての友人の皆様に深くお礼を申し上げたいと思います。アゼルバイジャンと日本の関係は、とても高い水準にまで到達しています。

両国は、政治、経済、人道、文化の各分野において連携を強化し、地域的、および国際的なレベルで有意義な対話を行うことで、相互扶助と相互利益に基づく、長期的かつ効率的な協力関係を築いています。

ぜひアゼルバイジャン共和国へお越しください!